特別捜査 密着24時

氷室征司のエピローグ

【特別捜査 密着24時】氷室征司のエピローグのレポートです。

氷室征司のエピローグのあらすじ

本編で肋骨を折ってしまい入院中の氷室さんの病室を訪れた主人公。
看護婦に説教されている様子を見てしまい、思わず笑ってしまう。

退院の日に病室に来るより仕事しろと諭されるが、
夜に氷室さんの家に来ないかと言われ、
且つ夕食を作ってくれないかと頼まれる。

浮かれて舞い上がってしまった主人公を見て、
自分に向けられる微笑みから、
少しずつ氷室先生の感情を感じられるようになり、
嬉しくなってくる。

退院日を楽しみに病室に後にする。

翌日仕事が終わって、
捜査二課の皆と打ち上げに桐沢さんの家に向かう。

案の定、二課の皆からいじられる主人公。
こと氷室さんに関しては皆から女扱いしていないことをバカにされるが…

飲み会が終わり氷室さんの自宅に向かい、
玄関で出迎えてくれるが、
とても良い匂いが漂ってくる。

退院祝いのお土産と渡した後、
一緒にキッチンに立つと、
プロレベルに揃えられたキッチン道具、
プロレベルの技を目の当たりして、
女として負けた…と感じてしまう。

でも氷室さんからは今度は主人公の料理を食べたいと言われる。
会話が弾み、ちょっとした事でも氷室さんから笑顔が見れて幸せに浸る。
その上デートにも誘われてしまった。

お互い照れ合いながらも、
着実に二人が同じ気持ちで距離が縮まったのを実感する。

【特別捜査 密着24時】氷室征司のエピローグ

氷室征司のエピローグの感想

本編の最初の主人公に対する横暴な態度から一変して、
今までの氷室さんの対応が嘘だったかのように、主人公に向けられる愛情が深いですね。

主人公が本編では芯の強さが描かれていて、
それに惹かれる氷室さんという流れが軸になっているのですが、

エピローグは主人公の弱さが描かれていて、
強さに惹かれた氷室さんは、主人公の弱さごと愛するというストーリーでした。

普通の女性より強さがあるとは言え、やはり女の子。
強い中でも弱さもあり、思わず愚痴りたくなる時もあるけれど、それを氷室さんではなく、坂巻さんに思わず愚痴ってしまいます。
それを氷室さんは聞いていて…

エピローグで、主人公の全てをさらけ出して
氷室さんがそれを受け止めるという感じでしょうか。

氷室さんの愛を感じるストーリーとなっています。

氷室さんが向ける笑顔が主人公だけに向けられていると思うとキュンキュンしますね(^^♪

シナリオの評価グラフ

氷室征司のエピローグの評価グラフ
全体平均値:4.5/5(4件のレビュー)

シナリオ評価をお願いします

0 1 2 3 4 5
0 1 2 3 4 5
0 1 2 3 4 5
0 1 2 3 4 5
0 1 2 3 4 5
0 1 2 3 4 5
0 1 2 3 4 5
0 1 2 3 4 5

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!