シークレット★アクトレス~恋の専属契約~

『シークレット★アクトレス~恋の専属契約~』二階堂要のDOLLルート攻略

『シークレット★アクトレス~恋の専属契約~』の二階堂要のDOLLルート攻略です。

第1話「予期せぬ再会」

◯否定する
口ごもる
うなずく

手を振りはらう
にらみつける
◯言い返す

→プライベートレッスン「スイッチの入れ方」発生

第2話「横暴なクライアント」

握手をする
◯文句を言う
黙っている

「確かに、そうですね」
◯「納得できません」
「そうかもしれませんけど…」

第3話「一流の女優への対価」

「意識なんてしてません…」
◯「意識するに決まってます…」
「意識してるように見えますか?」

「あなたと感覚が違うんです」
「お気持ちは嬉しいですけど…」
◯「困ります」

→プライベートレッスン「着せ替え人形」発生

第4話「密室レクチャー」

素直に選ぶ
どうしようか悩む
◯いらないと言う

◯大丈夫だと言う
質問をする
黙ってうなずく

第5話「プロジェクト開始!」

「ドレスが素敵だから」
◯「二階堂さんも素敵です」
「メイクのおかげです」

◯「少しだけ…」
「……」
「大丈夫です

→プライベートレッスン「急接近」発生

第6話「冷たい警告」

笑ってごまかす
◯二階堂さんを見る
やんわり断る

「本気だったんですか?」
「嬉しいです」
◯「どうして、そこまで…?」

第7話「二人きりの乾杯」

「わかりました」
「頑張ります!」
◯「二階堂さんが良いなら…」

◯「信じたいです」
「そんなことありません」
「ありがとうございます」

→プライベートレッスン「初めての、夜」発生

第8話「シンデレラガール」

謝る
◯理由を尋ねる
言い返す

◯「わからないです」
「頑張ります!」
「嬉しいです…」

第9話「まるで恋人同士」

「嬉しいです!」
◯「でも忙しいんじゃ…」
「祝ってくれるんですか?」

もう一度声をかける
先に部屋に向かう
◯腕を引っ張る

→プライベートレッスン「優しい時間」発生

第10話「仕組まれたスキャンダル」

◯断る
とまどう
うなずく

「本当にごめんなさい!」
◯「どうしてあんな記事が…」
「二階堂さんは大丈夫ですか?」

第11話「交わらない感情」

立ち上がる
見つめる
◯目をそらす

名前を呼ぶ
やめてほしいと言う
◯まぶたを閉じる

→プライベートレッスン「涙のゆくえ」発生

第12話「あなたの心がわからない」

「はい、大丈夫です」
「今から、ですか?」
◯「なにかあったんですか?」

目を開ける
このままでいる
◯手を重ねる

第13話「裏目に出る恋心」

「そんなに心配ですか?」
「実は…」
◯「はい、順調です」

しばらく様子を見る
◯近寄る
声をかける

→プライベートレッスン「夜に惑う」発生

第14話「私はアクトレス」

「最高の演技をします」
「全力で頑張ります」
◯「自分の責任を果たします」

慌てて立ち上がる
喜ぶ
◯とまどう

第15話「スポットライトの裏側」

◯立ち尽くす
慌てる
駆け寄る

「知っていたんですね」→HAPPY
「強引なんだから…」
「どうして…」

シナリオ評価をお願いします

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!