ドラッグ王子とマトリ姫

出会い編〜with 山崎慎一郎〜

【ドラッグ王子とマトリ姫】「出会い編 with 山崎慎一郎」

【ドラッグ王子とマトリ姫】「出会い編 with 山崎慎一郎」のあらすじと感想です。

「出会い編 with 山崎慎一郎」のあらすじ

ふとした偶然から、裏社会のカレと出会ってしまったあなた。
深入りしてはいけないのに、カレに惹かれていることに気づいた時、そんな思いを引き裂く再会が訪れて!?
「自分と関わる人間は自分で選ぶ、それが僕のやり方だ」
「僕の中にはない感情だ…君はいつだって、僕を困惑させる」
銃を向け合う世界一優しくて残酷な恋がいま始まります…!カレ目線付き♡


マトリになってようやく自分の体質と仕事に慣れてきた頃、初めての潜入捜査に入る事になった主人公。

キャバクラで1人で潜入捜査に入る為、失敗が許されない。

しかし、緊張をほぐそうとトイレに行って戻ろうとした時に、一番人気のホステスが客に絡んでいるのを目撃する。

何事もなく素通りしようとしたその時、絡まれていた男性と目が合い、ホステスの同席を断る手段に使われる。

ホステスからシャンパンをかけられ、ドレスが台無しになり、肝心な男性には逃げられ、マトリの重要任務に失敗する羽目に。

落ち込む主人公に、マトリの皆からは優しく励まされ、次の任務活かすように諭される。

今回のターゲットである山吉会の幹部が誰なのか突き止められないというみんなの話を聞いて、更に落ち込んでしまう。

帰宅して、どうすれば一番良かったのか自問自答を繰り返していると、潜入捜査をした店のオーナーから電話がかかってきて、

絡まれていた男性が連絡を取りたいと言う。

あの時のお礼がしたいと言っているようだけど…?

「出会い編 with 山崎慎一郎」の感想

スタンドマイヒーローズに登場する山崎カナメの義理父、山崎慎一郎と主人公との出会いでした。

やはり山崎慎一郎は山崎カナメを養子にしたという設定ですね。

まさかスタンドマイヒーローズのキャラクターが逆輸入されるとは…きっちり分けていると思いきや、山崎カナメが登場してビックリ。

ただ、やはりキャラクター柄が違うので、マトリでは違和感ありますね(^_^;)

スタンドマイヒーローズでも山崎慎一郎が出てきてもおかしくないとは思うのですが、今後どうなるのでしょうか。

本編ストーリーもあっちこっち行ったり来たりで、棲み分けが…

だったら、スタマイで出た青ぴょんの本編第4章をマトリ姫でもやってくれないかなと思ったりします。

こういうことになると、ドラッグ王子とマトリ姫の存在は何なのか…ドラッグ王子とマトリ姫からのファンからとしては、複雑な心境になります。

本編系はマトリ姫へ、キズナストーリーとパズルはスタマイにして棲み分けした方が相乗効果があって良かったのかもしれません。

これではマトリ姫の方を殺してる感が否めません。戦略ミスだと思います。

山崎慎一郎と言うと、登場するのは由井孝太郎の本編ストーリーです。

そのストーリー以前に山崎慎一郎と主人公は出会っていたという感じでしたね。

ん?

でも、そうなると、山崎慎一郎に惹かれつつも、山崎慎一郎を忘れて由井さんと付き合う、はたまた他のマトリキャラと付き合うと言うことになり、設定がおかしく…

と言うことで、そもそもこの出逢い自体がパラレルワールドになるということですね。

今回は出会い編という事で、続きもありそうな感じでした。

山崎慎一郎がなぜ警察からヤクザに身を落としたのか。

その辺の付箋も回収されずに濁したままで終わりました。

禁断の恋の位置付けで、燃え上がるというよりは、静かに火を灯すという雰囲気でした。

最後のキスは、山崎慎一郎の一問一答で激しいキスと優しいキスどっちが好きがという質問があったはずですが、その答え通りでした。

最後とカレ目線では、主人公の身体が目当てなのか、はたまた主人公自身が気に入ったのか、どちらなのか分かります。

続編早く出ると良いなぁと思うのですが、この話自体がリリースするまでかなりの時間を要したので、どうなるかな…。

シナリオの評価グラフ

出会い編〜with 山崎慎一郎〜の評価グラフ
全体平均値:3.86/5(7件のレビュー)

シナリオ評価をお願いします

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

0 1 2 3 4 5

マトリNEWS

【ドラッグ王子とマトリ姫】で毎日配信しているマトリNEWSです。
「出会い編〜with 山崎慎一郎〜」に関するマトリNEWSをまとめました。

レビューを書く

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

error: Content is protected !!